【薬学部進級対策コース】CES薬剤師国試予備校・進級対策、留年防止

CES薬剤師国試予備校進級対策コースとは

CES薬剤師国試予備校【薬学部進級対策コース】とは

CES薬剤師国試予備校進級対策コースでは、マンツーマン指導で薬学部進級対策を行います。

校舎での対面指導とオンライン指導の両方に対応可能です。福岡市の校舎では、マンツーマン指導の専用教室を利用できます。オンライン指導は全国に対応しており、国公立・私立を問わず各地の薬学部生をフォロー可能です。

 

実際、近畿大学京都薬科大学慶應義塾大学など近畿や関東の私立薬学部生の指導実績もあります。全国どの大学に所属していても、薬学部進級対策を提供できる体制です。

 

5年生までの留年率が50%を超える薬学部も

薬学部に入学しても、毎年確実に進級できるわけではありません。「そうは言っても、留年するのはごく一部の不真面目な学生だけで自分には関係ない」と思っていませんか?

薬学部の中には、5年生までのストレート進級率が50%未満のところもあります。言い換えれば、5年生までに留年する学生が50%以上いる薬学部があるということです。

 

2023年の調査結果(2017年度入学生が対象)で実際の進級率を見てみましょう。

(調査結果のデータ:薬学部5年生進級率との6年間ストレート合格率(2017年度入学生)

 

 

北海道大学薬学部では30人すべてが5年生に進級できており、ストレート進級率は100%です。国公立大学薬学部では入試科目の多さもあってか、ストレート進級率が高いところが多くなっています。とはいえ留年者がいる大学の方が多く、岐阜薬科大学では20%強の留年者が出ています。

 

また、私立薬学部ではストレート進級率が低めです。なかには留年率が50%を超えている薬学部も散見されます。ストレート進級率が5割~8割程度の薬学部も多く、留年は珍しくありません。

薬学部進級対策コースでは、生徒一人ひとりの苦手分野や進級試験の過去問などを踏まえながら、ストレート卒業に向けた個別のサポートを行います。特に、進級率が低い私立薬学部生がストレート卒業を目指す場合、早めからの薬学部進級対策が大切です。

 

【薬学部進級対策コース】は1年生から利用できる

薬学部進級対策コースは1年生から利用できる

 

CES薬剤師国試予備校の薬学部進級対策コースは、1年生からも利用できます。

1年生ではまだ専門科目は限られますが、大学での学習に不慣れで進級が怪しくなってしまうこともあるでしょう。CES薬剤師国試予備校では、メンタル面も含めて薬学部進級対策をサポートします。大学生活になじめず授業でもわからないところが多いなどで困っている生徒も安心です。

 

公認心理師の学習カウンセリングはこちら

 

 

また、CES薬剤師国試予備校はリメディアル教育も提供しています。進級対策をする中で高校までの学習内容が定着していない場合も、適宜復習しながら薬学部のカリキュラムをこなしやすいです。出席日数が足りないと定期試験を受ける資格すらない薬学部もあるので、授業がわからずに出席するモチベーションが下がらないようにしましょう。

 

1年生から2年生にはギリギリ進級できても、授業内容の理解が不十分だと2年生以降で苦労しがちです。授業の専門性が高まると、曖昧な理解では対応できなくなります。2年生以降の学習に備えて、1年生のうちから薬学部進級対策を受けたい生徒にも有効です。

3年生以降で前学年の復習が必要な薬学部生の進級対策にも対応

3年生以降になると専門科目の幅も広がり、前学年までの学習内容を理解できていなかったり、忘れていたりすると授業についていけなくなる場合があるでしょう。

CES薬剤師国試予備校では全学年を対象とする薬学部進級対策コースを提供しており、前学年までの学習内容の復習にも対応できます。

 

また、定期試験や進級試験では過去問からの出題も少なくありません。過去問を入手しても解答解説がなく自力では対策が難しい場合もあるでしょう。薬学部進級対策コースは完全マンツーマン指導のため、個別の過去問対策を行うことも可能です。