【薬学部リメディアルコース】CES薬剤師国試予備校

リメディアルコース

CES薬剤師国試予備校リメディアルコースとは?

CES薬剤師国試予備校リメディアルコースは、薬学部入学前や大学1年次において高校までの学習内容を定着させるサポートを行います。福岡市中心部にある校舎への通塾とリアルタイムのオンライン授業から選べるので、全国どこに住んでいても受講可能です。

オンライン授業は映像授業と異なり、講師と対話しながら進めます。質問したいことがあれば授業中にすぐ尋ねられるので便利です。

 

一部の薬学部では、学生サポートとしてリメディアル教育を提供しています。しかし、復習が必要な内容は一人ひとり異なるため、効果的なリメディアル教育ができるとは限りません。

薬学部リメディアルコースでは、完全マンツーマン指導により、生徒一人ひとりに最適な教材を提供し、効率よく薬学部での学習に備えられます。

 

入学前からリメディアルを行い薬学部での学習をスムーズに始めたい

薬学部リメディアルコースは、薬学部合格が決まった段階で利用できます。薬学部入試を突破できたとしても、高校までの数学や理科のうち薬学部での学習に必要な内容が全て定着しているとは限りません。

入試の指定科目が限られていたり、配点が少なかったりして理科の学習を十分に行っていない人もいるでしょう。入試合格から薬学部入学までの間に、勉強のブランクが生じて知識を忘れてしまうことも考えられます。

 

薬学部入試対策において生物や化学の学習をあまりしていない場合は、薬学部入学までに理解を進めておくと安心です。近年は学生の学習モチベーションを高めるために1年生など早期から専門科目の授業を行う薬学部も多いです。

大学入学直後は新生活に慣れたり、教養科目の勉強をしたりする必要もあります。専門科目の授業でいきなりつまずかないよう、薬学部リメディアルコースで準備しておくと良いでしょう。

 

薬学部の授業が理解できていない1年生も対象

薬学部リメディアルコースでは、薬学部入学後の学習もサポートしています。1年生でいきなり専門科目の理解が難しいと感じた場合は、早期に高校内容を復習するなどして対応が必要です。

わからないまま放置していると、2年生以降で専門科目が増えたり、学習内容が難しくなったりしたときに進級が危うくなってしまいます。薬学部のストレート卒業や薬剤師国試合格には、1年生から着実に知識を整理していくことが大切です。

 

CES薬剤師国試予備校では、リメディアル教育だけでなく、CBT対策や進級対策薬剤師国試対策などもサポートしています。そのため、リメディアルコースでも将来の進級や国試対策を見据えた指導が可能です。

リメディアル教育で習得しておくべき知識を、薬学部のカリキュラム全体や国試の傾向なども踏まえて判断できます。

 

薬学部での学習に関する相談にも対応

薬学部リメディアルコースでは、薬学部での学習全体についての相談にも対応しています。入学前、入学後を問わず、薬学部での学習を自力でやっていけるのか不安に感じることもあるでしょう。

CES薬剤師国試予備校では、知識の習得だけでなく、薬学部生の学習方法についてのアドバイスも行えます。薬剤師として現場で活躍した経験を持つ講師も在籍しており、薬学に対する興味を高めることも可能です。

 

さらに、生活面やメンタル面など、大学生活を始める上で気になる悩みも相談できます。薬学部生としての第一歩を踏み出す生徒を、薬学部リメディアルコースの講師やスタッフが個別対応で丁寧に支えられる環境です。

大学進学に向けて引っ越しを予定している場合も、オンライン指導を使えば同じ講師から継続してリメディアル教育を受けやすくなっています。

自分の性格や学力を知っている講師の存在は、新生活に伴う環境変化のストレスを和らげる材料にもなるでしょう。